よくあるご質問

電子タバコの禁煙サポート効果

電子タバコで禁煙サポート

電子タバコ

日本では薬事法によりニコチンを含む電子タバコ用リキッドは販売できないため、
「禁煙補助薬」としての医療効果はありません。

しかし電子タバコを使用することで実際に禁煙や減煙に成功した方は多く、
紙巻きタバコの代替手段として非常に有効です。

また、禁煙外来で処方される禁煙補助薬やニコチンパッチ、市販のニコチンガムなどと違い
副作用やデメリットがないことから、効果的な禁煙サポートの方法として広まっています。

電子タバコをもっと詳しく


禁煙補助薬それぞれの特徴

飲み薬(チャンピックスなど)

飲み薬

禁煙補助の飲み薬にはニコチン受容体を塞ぐ効果があり、
使用している間は薬の効果でタバコを不味く感じるようになります。

またニコチンの離脱症状や喫煙欲求を和らげる効果もあります。
この薬自体にはニコチンは含まれていません。

市販はされておらず、禁煙外来など医療機関で処方してもらいます。
12週間の間に5回ほど診察に行き、その間に禁煙の習慣をつけます。
費用は約18,000円ほどです。

薬なので効果は大きいのですが副作用も強いため、
精神疾患、腎臓の病気、他の薬を服用中、妊娠中・授乳中の方は使用できません。
めまいや眠気のおそれもあるため車を運転する場合も控える必要があります。

吐き気、頭痛、腹痛、便秘、不眠、抑うつ気分や不安、焦燥を感じやすくなる、
興奮したり攻撃的になる、異常な夢を見る、などの副作用が人によって起こります。

最初の8日間は紙巻きタバコと併用できますが、8日目以降は喫煙できません。
他の禁煙補助薬との併用もできません。

使用終了後は薬を服用しないため、再喫煙せずに禁煙を継続できるかどうかは
最終的には本人の意志次第となります。

喫煙者が急に禁煙した場合、口唇欲求を満たせずストレスを感じやすくなる傾向があります。
そのため再喫煙してしまったり、飴やガム、お菓子などをついつい食べて太る場合もあります。


ニコチンパッチ(ニコレットなど)

ニコチンパッチ

ニコチンを含んだシールを体に貼ることでニコチンを摂取し、
その間に禁煙の習慣をつける方法です。

医療機関で処方される用量の大きいものと、市販されている用量の小さいものがあります。
シールは1枚あたり約400~500円ほどです。

妊娠中・授乳中の方や、重い心臓病(3か月以内の心筋梗塞、狭心症、不整脈など)の方、
脳血管障害の方、うつ病の方などは使用できません。
皮ふに直接シールを貼るため、発疹、かぶれ、かゆみなどが起こる場合があります。

ニコチンの過量摂取となるため、他の禁煙補助薬との併用や喫煙はできません。
2か月を超えて継続使用すると、過量摂取によるニコチン依存や中毒になる可能性もあります。

その後、再喫煙せずに禁煙を継続できるかどうかは最終的には本人の意志次第となります。

喫煙者が急に禁煙した場合、口唇欲求を満たせずストレスを感じやすくなる傾向があります。
そのため再喫煙してしまったり、飴やガム、お菓子などをついつい食べて太る場合もあります。


ニコチンガム

ニコチンガム

ニコチンを含んだガムを口に入れておくことでニコチンを摂取し、
その間に禁煙の習慣をつける方法です。

ドラッグストアなどで市販されており簡単に手に入れられます。
ガムは1粒あたり約100円ほどです。

妊娠中・授乳中の方や、重い心臓病(3か月以内の心筋梗塞、狭心症、不整脈など)の方、
脳血管障害の方、うつ病、あごの関節に障害がある方などは使用できません。

歯科医の治療を受けている、口内炎がある、などの方も控えた方がいい場合があります。

ニコチンの過量摂取となるため、他の禁煙補助薬との併用や喫煙はできません。
6か月を超えて継続使用すると、過量摂取によるニコチン依存や中毒になる可能性もあります。

その後、再喫煙せずに禁煙を継続できるかどうかは最終的には本人の意志次第となります。

喫煙者が急に禁煙した場合、口唇欲求を満たせずストレスを感じやすくなる傾向があります。
そのため再喫煙してしまったり、飴やガム、お菓子などをついつい食べて太る場合もあります。


電子タバコ

電子タバコ

紙巻きタバコと同じように、煙(水蒸気)を吸い込み喫煙することができます。
水蒸気の原料は食品添加物にも使用される安全な成分のため、副作用はありません

薬事法により、日本で販売されるリキッドにはニコチンは含まれておらず、
タール、一酸化炭素などその他の有害な成分も発生しません。

副流煙による受動喫煙がないため周囲の人への悪影響がなく、
喫煙者本人と周囲の人の双方にとってのメリットがあります。

2016年8月31日、国立研究開発法人国立がん研究センターが
肺がんリスク評価が「ほぼ確実」から「確実」へアップグレードされました。

家族や大切な人のために禁煙を考えている場合は、
電子タバコが重要な手助けになるかもしれません。

口唇欲求を満たすことができ喫煙感も得られるため、
習慣で紙巻きタバコを吸っている方の代替手段として最適です。

また、禁煙補助薬やタバコとの併用も問題ありません。
どうしてもニコチンが欲しくなった場合だけ喫煙したり市販のニコチンガムと併用することで、
ストレスフリーで無理なくニコチン離れできた方が数多くいます。

紙巻きタバコと違いタールの苦みがないため、
電子タバコのメンソール味やタバコ味を使ったあとは紙巻きタバコが不味く感じるようになり、
自然と紙巻きタバコを吸わなくなる方も多いようです。

電子タバコをもっと詳しく


まずは減煙からはじめよう

「そんなこと言ってもニコチンが入ってないんだから禁煙なんて無理だろう」

と、そう思ったあなた。
例えばあなたが1日1箱の紙巻きタバコを吸っているとして、
体は本当に1箱(20本)分のニコチンを欲しているのでしょうか?

もしかすると、あなたの体が求めているニコチンは10本分だけで、
あとの10本は習慣やクセでついつい吸っているだけかもしれません。

また、喫煙者の中にはニコチンよりも煙を吸い込む感覚が好きな人もいますが、
これまでは「煙を吸い込む手段」が紙巻きタバコだけだったので、
煙を吸い込むためには喫煙するしかなかった部分もあります。

まずは1日の喫煙回数の半分を電子タバコに替えてみましょう。
「あれ、意外と大丈夫だな」と思うようなら、それだけで早くも半分の減煙に成功です。

禁煙成功


電子タバコをもっと詳しく

税込5,000円以上のお買い物で送料無料(一部地域を除く) 新規会員登録はこちら

営業日のお知らせ
  • 今日
  • 定休日

電子タバコNG 猫の前では使わないで!

電子タバコについてのよくある質問

VapeOnly正規販売代理店

禁煙區正規販売代理店

店舗・法人のお客さまへ

QR

ページトップへ