よくあるご質問

並行輸入品についてのご注意


並行輸入品とは

正規販売代理店を通さず、海外ショップやオークションなどから個人輸入し、日本で販売されている商品のことです。
同一の商品でも、初期不良や故障が起きた際に販売店のサポートがないなどのデメリットがあります。


並行輸入品のデメリット

販売店の保証がない

並行輸入品でも商品自体が正規品の場合は、メーカー保証はついています。
ただし正規販売代理店ではないショップには店舗側で保証する義務はありませんので、トラブル時のサポートは行われない可能性が高いです。
実際に故障が発生して購入したショップに問い合わせたところ、直接メーカーに問い合わせるように言われて何もしてくれないというパターンもよくあります。


メーカーへの連絡を外国語でしなければならない

電子タバコメーカーのほとんどは海外メーカーのため、多くの場合で日本語は通じません。
製品自体にメーカー保証は付いていますが、外国語がわからなければ実際には保証を受けることはできない状態です。


販売店も外国語がわからない場合が多い

並行輸入品の販売店の多くは、海外のネットモールから商品を購入しています。楽天やAmazonのような仕組みのため、外国語がわからなくても購入自体は比較的簡単に行えます。
ただしトラブル時に問い合わせをしたり交渉するといったことは出来ません。
最初に仕入れた分を売り切って終わり、というスタンスの店舗が多いことも事実です。


正規販売代理店のメリット

ベイプオンラインでは、正規販売代理店としてネイティブのスタッフがメーカーの責任者と直接やり取りをしています。
トラブルがあった際の解決方法や原因などを、お客様とメーカーの間に立ち窓口として責任を持って引き受けます。
専用コイルなど、消耗品も継続して仕入れ続けますので、安心して電子タバコをお買い求めください。

税込5,000円以上のお買い物で送料無料(一部地域を除く) 新規会員登録はこちら

営業日のお知らせ
  • 今日
  • 定休日

電子タバコNG 猫の前では使わないで!

電子タバコについてのよくある質問

VapeOnly正規販売代理店

禁煙區正規販売代理店

店舗・法人のお客さまへ

QR

ページトップへ